婚活なんてまだ先のこと??

私は二十歳で結婚してしまったのですが、これは中学から一番仲の良い友達の話です。私の周りは、どちらかと言うと、みんな結婚より仕事?と言うバリバリ働いてる人が多いので、友達も30才を過ぎても焦っている様子は感じられませんでした。住んでいるのも近くではないし、先ほども言った通りバリバリ働いてるので、年をとるごとになかなか会うことも難しくなってきてました。

33才のとき、同窓会があり久々に会ったら、いま婚活中だと話していました。ただ、本人がというより親がうるさいから、婚活パーティーに参加したりしてるのだと話していました。昔は、個人個人でお見合いしたりだけど、今は女性は安い値段でパーティーに参加できたりするらしいですね。

はじめは、知らない人ばかりなパーティーに参加することに抵抗を感じたらしいけど、はじめは嫌々でも、今は楽しんでいる感じでした。まだ二人で会うところまでの成果はないみたいですが、気長にピピピとくる人を探すんだぁーと言ってました。楽しそうに話している友達を少し羨ましく思ってしまいました。婚活中でも、悩まず友達みたく楽しくパーティーに参加してみるとかならず素敵な人に出会えますよね。

婚活のススメ

「結婚は恋愛の延長線上にあるものだから、婚活なんてしなくて大丈夫」まだ20代前半だった頃はそんなことを考えていたはずが・・・いざ周りの友達がどんどん結婚していく姿をみると、「自分は結婚できるのだろうか?」と知らないうちに焦ってしまうことはないでしょうか。

何を隠そう筆者がそうでした。お付き合いする男性とはなかなか長続きすることがなく、社会人になると出会いも減ってしまいます。結婚はほど遠いといった状態。「このままではいけない!」と思い、20代も半ばに差し掛かった頃には婚活を意識するようになりました。いきなり結婚相談所に登録するつもりはなかったので、ワンコインや無料で実施されている婚活パーティーを調べて幾つか参加しました。しかし、婚活パーティーでマッチングしてもデートに結びついた事例は一つもありません。

なぜなら、連絡をとるうちに「ちょっと違うかも」と感じてしまったり、「いざ一対一で会うのはやはり怖いし、信用できない」と思ってしまったことが原因に挙げられます。

このような経験を踏まえて、婚活パーティーは利用せずに、信頼できる友達に紹介してもらうといった方法をとるようになりました。ついつい焦ってしまいがちな婚活ですが、安全や安心といった部分も忘れてはいけないポイントの一つではないでしょうか。

婚活向きの出会い方

20代前半まで何の焦りもなく、何も求めなくても自然と出会いそのままの流れてお付き合いの流れになっていたはずだったのに…30代突入する頃から何故か流れが悪く思い通りにならない事が増えてきました。その焦りから、合コンはもちろん婚活パーティー・異業種交流会・出会い系アプリ・相席ラウンジ等出会いとつくものにはだいたい手を出してきました。

やはり行く先々で、それが良いモノそれ以外のモノを含めそれなりの出会いはありました。私が参加した婚活パーティーに関しては割と真剣な出会いを求め真面目な方が多数参加されていたように思いますが、相席店・交流会においては真剣な婚活目的で行く場合ではないと思います。

もし、ただただ楽しく飲みたい!今日だけハメを外したい!一晩だけ人肌を感じたい!のであれば、女性は無料の事がほとんどですし、こんな良い場はありません。男性も半数くらいはその様な考えが多い様に感じますので、ウィンウィンの関係でない限りその出会いは無駄以外何者でもないのではないでしょうか。

上記の様に、私は焦りもがき様々なパーティーに参加しましたが、結局1番有効的な婚活となったのは友達と飲みに出かけた先のバーやカフェ、居酒屋など何でもない日常に出会いは沢山ありました。飲みに出かけた赤提灯のカウンターでたまたま隣で飲んでいた方、友達と待ち合わせまでの間に入ったカフェ、バーの店員さんを介して仲良くなったお客さんなど、そういう場で出会った方は気取らず作り込まず飲み友達から始まりますので、その後何度も会う中でお互いの中身も見る事ができ、昔の様な自然な流れで距離が縮まっていきました。

いつもの生活いつもの場所をいつもと違う角度で見てみるのも良いかもしれません。お出かけの際に少し早めに出かけてお洒落なカフェに入ったりホテルのラウンジでコーヒーを一杯飲んでみたり、スマホではなく本を読んでリラックスしてみたり。実はそういう鼻息の荒くないホッとしている時にこそ自然な出会いはやってくると思っています。