結婚相手はどんな職業の人がいいか

婚活ですのでお付き合いをしている段階で結婚する事になると思います。でも職業から選んだ方がいいと思います。転勤が多い、単身赴任が多い、出張が多いとなると一緒に付いて行くか、残されるかどちらかになってしまいます。転勤が多いと家は中々購入出来ないと思いますし、出張が多いと家で一人になってしまう事もあると思います。

収入は安定している方がいいと思いますし、他人ですので価値観の問題も出てきます。婚活パーティーに行くのはいいと思います。いろんな人とのコミュニケーションを取れますしいきなりお付き合いするわけではないと思いますし、最初はお互いを知る事からでいいと思います。結婚は焦る気持ちも分かりますが、慎重にならないと失敗してしまいます。

バツがついてる方もいるので、ある程度仲良くなったらハッキリなんで離婚したのかを聞いた方がいいかもしれません。普通の人ならマイナスにならない事を言うかもしれませんが、マイナスになるのを覚悟して言ってくれる人の方が安心すると思います。

初婚であれば幸せな家庭を描くのは当たり前ですがマイナスになる場合も想定していた方が後々、本当にマイナスになった時にショックは受けますがそれと同時にやっぱりかと思えたりします。出会いが無いから婚活するのですから相手は慎重に選んでください

婚活する上で注意したいことは?

「婚活」は「人生の就職活動」のようなもの。自分の人生を決定する大事な分岐点です。できれば失敗はしたくない!と思うのが大多数ですよね。では、婚活に失敗しないために注意することは何でしょうか?

まずは「自分を飾らないこと」です。婚活に必死になってくると気に入った相手の好みに自分を合わせてしまう方が多くいらっしゃいます。恋愛の始めの頃も一緒ですよね。しかし、自分を飾りすぎてしまうと後々苦しくなってしまうのは自分自身。

ある程度自分をよく見せようとすることは悪いことではありません。しかし、結婚はゴールではなくスタートに過ぎないので、そこから一生自分を飾り続けなければいけません。無理のしすぎは後々ひびいてくるので、初めから飾りすぎないようにすることがおすすめです。

ありのままでといっても、ありのままでいすぎることは婚活が進まないひとつの原因になることもあります。就職のときでも、書類審査で履歴書の写真は重要視されます。同じように、婚活でも見た目は大事。美人やハンサムでないといけないというわけではなく、「清潔感」が重要になってきます。

「会ってみたい」と思ってもらえなければ婚活は進んでいきません。「会いたい」と思わせるよう身なりの清潔感には気を付けましょう