婚活向きの出会い方

20代前半まで何の焦りもなく、何も求めなくても自然と出会いそのままの流れてお付き合いの流れになっていたはずだったのに…30代突入する頃から何故か流れが悪く思い通りにならない事が増えてきました。その焦りから、合コンはもちろん婚活パーティー・異業種交流会・出会い系アプリ・相席ラウンジ等出会いとつくものにはだいたい手を出してきました。

やはり行く先々で、それが良いモノそれ以外のモノを含めそれなりの出会いはありました。私が参加した婚活パーティーに関しては割と真剣な出会いを求め真面目な方が多数参加されていたように思いますが、相席店・交流会においては真剣な婚活目的で行く場合ではないと思います。

もし、ただただ楽しく飲みたい!今日だけハメを外したい!一晩だけ人肌を感じたい!のであれば、女性は無料の事がほとんどですし、こんな良い場はありません。男性も半数くらいはその様な考えが多い様に感じますので、ウィンウィンの関係でない限りその出会いは無駄以外何者でもないのではないでしょうか。

上記の様に、私は焦りもがき様々なパーティーに参加しましたが、結局1番有効的な婚活となったのは友達と飲みに出かけた先のバーやカフェ、居酒屋など何でもない日常に出会いは沢山ありました。飲みに出かけた赤提灯のカウンターでたまたま隣で飲んでいた方、友達と待ち合わせまでの間に入ったカフェ、バーの店員さんを介して仲良くなったお客さんなど、そういう場で出会った方は気取らず作り込まず飲み友達から始まりますので、その後何度も会う中でお互いの中身も見る事ができ、昔の様な自然な流れで距離が縮まっていきました。

いつもの生活いつもの場所をいつもと違う角度で見てみるのも良いかもしれません。お出かけの際に少し早めに出かけてお洒落なカフェに入ったりホテルのラウンジでコーヒーを一杯飲んでみたり、スマホではなく本を読んでリラックスしてみたり。実はそういう鼻息の荒くないホッとしている時にこそ自然な出会いはやってくると思っています。